にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます!ポチをお願いm(__)m♪

無料カウンター にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・ Lensを通して・・・ 2008年05月

Lensを通して・・・

(^_^)v             Lensを通して観た自然をテーマにしています。植物や動物、風景などを簡単な言葉とともに送ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

都忘れ、キスゲ、梅花空木、さくらんぼ♪

朝方の雨が午後にはウソのように晴れ渡った関東地方でしたが、皆さんのところはどうでしたか?
今日はノンタイトルで寄せ集めの1枚です。
都忘れ1
都忘れ・・・菊(きく)科ミヤマヨメナ属。日本原産で菊に似た、紫色の可憐な花。昔、承久の乱に敗れて佐渡へ遠流となった順徳帝は、草でぼうぼうになった佐渡の庭に一茎の野菊が紫色に咲いているのを見つけ、「紫といえば京の都を代表する美しい色だったが、私はすべてをあきらめている。花よ、いつまでも私のそばで咲いていておくれ。都のことが忘れられるかもしれない。お前の名を今日から都忘れと呼ぶことにしよう」 と、傷心のなぐさめにしたという説話がある。花の名はここからきたようだ。また、京を去るときにこの花を目にとめ、「都を忘れることにしよう」といったことからこの名前になった、との説もある。別名:ノシュンギク(野春菊),アズマギク(東菊)。 花言葉は「しばしの憩い」「別れ」「短い恋」  江戸紫 ひっそりと咲く控えめなたたずまいや雰囲気がただよう花ですね。別名:ノシュンギク(野春菊),アズマギク(東菊)
キスゲ1
キスゲ(黄萓)・・・ユリ科キスゲ属。別名:ユウスゲ(夕萓)。高原などの草地に生えます。花はユリに似て淡い黄色、芳香があり、夕方に開いて翌日の朝にしぽんでしまう一日花です。そのため、別名ユウスゲともいわれます。ニッコウキスゲと同じ仲間ですが、清楚な感じがしますね。

【 まだ続きがありますよ~! 】
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/25(日) 23:49:58|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

勿忘草、羽衣ジャスミン、宿根イベリス

昨日は暑くて30℃を超えるような暑さでしたが、今日は一転して午後から雨になってしまいました。
昨日は休み返上で仕事でした(泣)時間を見つけて、新宿御苑に行き、「春薔薇」を撮ってきました。
今、整理中ですので、後日昨年同様「ばら、バラ、薔薇」として紹介しますね!

今日は自宅の花のアップで時間稼ぎです!あしからず~!
勿忘草1
勿忘草(忘れ名草、ワスレナグサ)・・・紫(むらさき)科ワスレナグサ属。ヨーロッパ原産で春から夏にかけて青または紫色のかわいらしい花が咲く。5弁花。
勿忘草4
本来の名前は「forget-me-not 」(私を忘れないで)。和名はこれの和訳とか・・・
勿忘草3
相当長期間咲き、紺碧色に混じって、また赤紫の花がでてくることがあるという。
勿忘草5
金髪の美女ベルタとドナウ川のほとりを散歩していた騎士ドルフは、この花を採ろうとして岸辺に降り、摘み取った後、川に落ちた.その時、彼は急流に流されながら、forget me not と云いつつ岸辺にいる恋人に花を投げて死んでいったという悲話(ドイツ伝説)にもとづいて付けられた名前。
勿忘草6
花言葉は「私を忘れないで」「真実の友情」「誠の愛」

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/25(日) 00:27:01|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

「卯の花の~ におう垣根に~♪」

今日も暑い一日でしたね!今日はたくさんの「ウツギ」の紹介です。

 1. 卯の花の におう垣根に、ほととぎす はやも来鳴きて、忍び音 もらす、夏は 来ぬ。
 2. さみだれの そそぐ山田に、早乙女が 裳裾ぬらして、玉苗 ううる、夏は来ぬ。
 3. 橘の かおる軒端に、窓ちかく 蛍とびかい、おこたり諫むる、夏は来ぬ。
 4. 棟散る 川辺の宿の、門遠く 水鶏声して、夕月涼しき、夏は来ぬ。
 5. 夏は来ぬ 蛍とびかい、水鶏なき うつぎ花咲き、早苗植えわたす、夏は来ぬ。

ご存じ「夏は来ぬ」の歌詞ですが、皆さんは何番まで御存知でしたか?
私はもちろん、1番しか知りませんでした 笑) この歌の「卯の花」は「ウツギ」(空木)のことだったんです!
ウツギ1
空木(ウツギ)・・・ユキノシタ科ウツギ属。枝の髄が中空のための名前。「~ウツギ」の名を持つ樹は、みな同じように中空のものが多い。また、卯月に花が咲くからとも。黒く見えるのは去年の花の実です。
タニウツギ1
タニウツギ・・・スイカズラ科タニウツギ属。4月下旬から愛らしい筒状ロウト形の花をたくさん咲かせます。蕾は濃いピンク色で、咲き進むにつれ淡いピンクからやがて白に近い色に変化していきます。
タニウツギ2
夏季が長く次々に開花し、初夏には明るい2色咲きとなります。
ワイゲラ(ジョワレッド)1
ワイゲラ・・・タニウツギの西洋種。タニウツギと同じスイカズラ科タニウツギ属。
ワイゲラ(ジョワレッド)2
ワイゲラにもたくさん種類があるようで、このジョワレッドは鮮やかな濃いピンクでした。
バイカウツギ1
バイカウツギ・・・ユキノシタ科バイカウツギ属。古くから庭木や生け花の花材として親しまれています。漢字で書くと「梅花空木」で、花のかたちが梅に似ているウツギという意味です。
バイカウツギ2
梅の花に似ているといっても、花弁の枚数が4枚で、ウメの5枚とは異なっていますが、清楚なイメージは共通していますよね!


【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/23(金) 02:43:15|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:7

マロニエ(セイヨウトチノキ)とベニバナトチノキ

また、初夏の日差しに戻ったような一日でした。明日(今日?)も暑くなりそうです。
今日は栃の木(トチノキ)の紹介です。落葉性の高木で初夏に大きな葉の間から穂状の花を咲かせる。昔から木材として家具などの材料となる。巨木になるものが多いので、昔はくり抜いて臼を作るのにもよく使われたとのこと。
セイヨウトチノキ1
トチノキは栃木県の県木です。穂は高く立ち上がり、個々の花と花びらはさほど大きくないが、雄しべが伸び、全体としてはにぎやかで目立つ姿です。
セイヨウトチノキ2
花は白~薄い紅色で、種子は栃の実として渋抜きして食用になり、渋抜きしたものをもち米と共についた栃餅(とちもち)などとしてあちこちの土産物になっている。

近縁種でヨーロッパ産のセイヨウトチノキ が、フランス語名「マロニエ」としてよく知られている。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/22(木) 01:34:59|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

オオモミジ、紅葉?

こんばんわ!関東地方の今日は午前中は雨でしたが午後にかけて晴れ間が広がりましたよ。明日はまた雨かな~!

今日は先日見つけた珍しい写真1枚だけの紹介です。
な、なんと!今の季節に紅葉デス!!!
オオモミジ1
夏のモミジも赤い葉があります。この”赤い葉”は、晩秋の真紅の紅葉とは異なります。春から夏に掛けての赤色は芽吹きの葉の色です。赤い芽が芽吹いて次第に緑色となり、晩秋にまた赤く紅葉するのです。しかし遅く芽吹いた葉は、緑色となる事無くそのまま紅葉となるそうです・・・知らなかった・・・
皆さんのところで見た方がいたら教えて下さいね。

D200+VR Micro 105mm  20080516 撮影   於:花と緑の振興センター


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/21(水) 00:59:37|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

はまなすとアルストロメリア

今日も暖かい一日でした。わが社でも明日からクールビズです。半袖にノーネクタイ、これはこたえられません!また、急に寒くなったらどうしよう?なんて思ってます。
今日は夏のイメージ「はまなす」とちょっと派手目な感じの「アルストメリア」の紹介です。
まずは「はまなす」の百面相から・・・
ハマナス3
花びらから黄色い雄しべがちょっと顔を覗かせて・・・
浜梨(ハマナス)・・・薔薇(ばら)科バラ属。海岸近くに植えられ、葉や枝にこまかいとげがいっぱいありますが、いい香りがします。
ハマナス1
花の中を失礼して見せて頂きますよ・・・
甘酸っぱい味の実を梨にたとえて、 「浜の梨」の意で名づけられた「はまなし」が東北弁でなまって「はまなす」になったとか。「浜茄子」とも書くようです。
ハマナス4
赤に負けず白だって綺麗なんです。
花が白いものはシロバナハマナス(白花浜梨)という品種です。
ハマナス1
夏に、ミニトマトのような形のだいだい色の実がなります。「浜梨」の梨はこの実からきているようです。
ハマナス5
北海道の道花(浜梨)。「♪ 知床の岬に~ はまなすの咲く頃~」
花言葉は「照り映える容色」「見映えの良さ」「香り豊か」「美しい悲しみ」
ハマナス2


【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/19(月) 00:43:40|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

アオスジアゲハ

昨日、今日はまた初夏に戻った感じで暑く感じました。久しぶりのお天気で皆さんはどこかにお出かけになりましたか?
今日は先日また「アオスジアゲハ」に逢えた嬉しさに「アオスジアゲハ」のオンパレードです。虫さんの嫌いな方にはごめんなさい!
アオスジアゲハ1
いました!いました!シャリンバイの花に!今年はこれで逢えたのが2回目です。
アオスジアゲハ2
逃げるなよ!もう少しそのままで・・・・・
アオスジアゲハ3
そう思ったら、なんと目の前に来てくれたではありませんか!
アオスジアゲハ5
もっと近くに!もっと、もっとと思っているうちに・・・・あ~あ!行っちゃった!

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/17(土) 23:57:00|
  2. 植物(花)と虫たち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

カルミアとケアノサス

ここ2~3日は1か月ほど暦が戻ったような寒さですが、風邪など召しませぬように・・・
今日は目の覚めるような「赤」「白」「青」の紹介です。
カルミア(オスボ・レッド)3
カルミア(オスボ・レッド)・・・躑躅(つつじ)科カルミア属。別名アメリカシャクナゲ(亜米利加石楠花)、ハナガサシャクナゲ(花笠石楠花)とも呼ばれています。
カルミア(オスボ・レッド)1
ツツジ科に属しますが,いわゆるツツジ(躑躅)とは似ても似つかない花ですね。
カルミア(ペパーミント)1
カルミア(ペパーミント)・・・北アメリカ原産で、花は咲く前に”こんぺいとう”のような形と言うか、こんなチョコレートのお菓子がありましたよね?
カルミア(ペパーミント)2
花の形はおわん型で、下から覗くと日除け傘のように見えませんか?

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/15(木) 00:50:29|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

紫花菜と西洋シャクナゲ

今日は小雨の降る寒い一日でした。今までの初夏の陽気から一転して冬に戻ったような気がします。
今日は「なんだー!この花か~!」と思われる「紫花菜」(ムラサキハナナ)と華麗な西洋石楠花(セイヨウシャクナゲ)のアップです。
ムラサキハナナ2
紫花菜(ムラサキハナナ)・・・アブラナ科ムラサキハナナ属。別名がたくさんあって、ショカツサイ(諸葛采)、オオアラセイトウ、ハナダイコン(花大根)。
ムラサキハナナ3
春の土手や野原に群生して咲き、周囲を紫色に染め、黄色の菜の花と競い合う。むらさき色の食べられる菜と言うことでムラサキハナナの名があり、
ムラサキハナナ1
ダイコンと同じアブラナ科の花なので、ハナダイコンとも呼ばれ、
ムラサキハナナ1
又、諸葛孔明が食料用に植えたとされる事からショカツサイとも言うが、
ムラサキハナナ2
正統な名はオオアラセイトウである。 アラセイトウはストックの和名で、オオアラセイトウは大きなアラセイトウを意味し、最後の本草学者と呼ばれた牧野富太郎博士が名付けた。普通、花の名は一般に流通する名前があって、地方地方で独特の呼び名があり、それがもめる元になった事は無いが、この花は一般に流通する名前が三つも四つもあり、その為20年ほど前に新聞紙上で論争がおこり、植物学者でもあった当時の天皇陛下が 「牧野富太郎が最初にオオアラセイトウと名付けたのだからそれでいいではないか」 と勅裁されたと言う有名な逸話があるようです。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/10(土) 23:24:29|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

春の昆虫たち(コミスジ・・・)

初夏を感じる季節になってきました。今日はクールビズはまだ?という気温でした。
今日は最近見かけた虫さんのアップです。
コミスジ1
コミスジ・・・タテハチョウ科タテハチョウ亜科。やや小型のタテハチョウ科の仲間で、濃茶色地に三本の白い帯を持つやや小さめのタテハチョウ。普通はもう少し色は茶色がかっているのだが、この日会ったコミスジは黒に近い色だった。
コミスジ3
滑空と小さなはばたきを繰り返す独特の飛び方をし、少し高いところに翅を広げ、周りを見張っていることが多いです。
バッタ2
タンポポの綿毛の上にイナゴ(?)でしょうか、可愛いバッタが日向ぼっこです。
バッタ3


【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/09(金) 00:04:04|
  2. 植物(花)と虫たち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

一輪草と二輪草

連休も終わってしまい皆さん休み疲れで・・・お疲れさまでした!連休に縁のない私はマイペースです。
今日は先日行った安行のふるさとの森から「一輪草」と「二輪草」のアップです。写真は白飛びが激しく、本心はアップしたくないのですが・・・一輪草は去年の方が、二輪草は4月に行った殿ヶ谷戸庭園の方がよく撮れていました。
一輪草2
一輪草・・・金鳳花(きんぽうげ)科イチリンソウ属。別名 「市毛草(いちげそう)」
一輪草4
茎先に一輪だけ白い大きい花が咲く。花が二つ咲く二輪草よりも大きな花です。
一輪草5
小葉には深い切れ目があり、二輪草の葉とは区別がつきます。
二輪草のように群生はしませんが、それなりに集まれば・・・一輪草7


【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/08(木) 00:30:30|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

花筏とホウチャクソウ

大型連休も最後になりましたが、皆さん写真三昧、旅行三昧・・・いかがでしたか?羨ましいかぎりです。
今日は珍しい花の紹介です。
花筏1
花筏(ハナイカダ)・・・ミズキ科ハナイカダ属。葉の中央に花を咲かせ、実を付けるおもしろい植物です。花筏3
ハナイカダはミズキ科の潅木ですが、他のどんな植物とも際立って違うところは、その名前のとおり花が葉の中央にくっついて咲き、そこに実をつけることです。葉身を筏に見立て、筏に花を乗せた植物ということでこんな名前がつけられたとのことです。花筏2
葉の真ん中に花が咲くのは葉腋から出た花柄が葉の主脈と合着しているからです。葉がごく小さいときは葉の先端につぼみがついているように見えますが、大きくなるにつれて葉の中央に花が咲くように見えます。なかなか見かけない貴重な木です。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/06(火) 02:11:19|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

クロバナロウバイ

今日は蒸し暑いと感じた一日でしたが、大型連休の方は何所かにお出かけでしょうか?私は仕事がら、国民の祝日とは無関係です 涙)

今日は何となく引かれる花、「クロバナロウバイ」の紹介です。
クロバナロウバイ1
黒花蝋梅(クロバナロウバイ)・・・ロウバイ科クロバナロウバイ属。遠目では黒色に見える暗紅色の花を初夏に咲かせます。
クロバナロウバイ3
早春に黄色い花を付ける「ロウバイ」とは属が異なります。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2008/05/02(金) 01:19:39|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。