にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます!ポチをお願いm(__)m♪

無料カウンター にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・ Lensを通して・・・ 2009年01月

Lensを通して・・・

(^_^)v             Lensを通して観た自然をテーマにしています。植物や動物、風景などを簡単な言葉とともに送ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

つくば植物園から・・・

朝から一日中雨でした。今も降ってます!明日もあまり期待できないようです 泣)
今日は鳥さんから離れて、花に戻ります。筑波に行った時に寄った「つくば植物園」の温室からのアップです。
アマゾンユリ2
アマゾンユリ・・・ヒガンバナ科エウカリス(ユーカリス)属。コロンビアのアンデス山地に自生している白花が印象的な花で球根植物とのこと。スイセンのような花が咲くので、ギボウシスイセン(擬宝珠水仙)とも言われているようです。
アマゾンユリ1
花筒が長くて曲がるので、項垂れたようです。花茎の先端に咲く花は径6~8cm、数個つけますが、花筒部が長くて曲がり、垂れ下がるように咲きます。
アロエ・ウイッケンシー2
アロエ・ウイッケンシー・・・ユリ科 アロエ属。そろそろ舌を噛みそうな名前が出てきましたよ!南アフリカ南部のトランスバール地方原産の多年草とのこと。
アロエ・ウイッケンシー1
↑写真の下に見える葉っぱを見れば、要は「アロエ」です。花は黄色からオレンジ色で、園芸名は「紫光錦」というらしい。
クレロデンドルム・クアドリロクラレ1
クレロデンドルム・クアドリロクラレ・・・クマツヅラ科クサギ属の常緑低木。もう、書くだけで一度読んだら二度と読めません 笑) フィリピンが原産で、高さは2~5メートルほどになります。小枝の先端の花はピンクの細長い筒状花で、先端が5つの白い裂片となって広がります。
クレロデンドルム・クアドリロクラレ2
枝先に集まって咲く姿が、花火のように見えませんか?花の筒の部分と写真にはありませんが、葉の裏側も淡桃紫色で、それが特徴のようです。

【 まだ続きがありますよ~! 】
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/31(土) 01:58:48|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

白鳥、コゲラ、カモさん集合!

今日も鳥さんのアップです。動かない花から動く鳥さんは難しいですね! ヘタッピなアップですが、見てやってください 笑)
白鳥1
優雅に浮かんで、これならバッチシでした。いつ見ても白鳥はキレイデスネ!
白鳥2
首の周りの羽が白くなり切っていない黒いのは幼鳥でしょうか。前でちょよちょろしているのはオナガガモのようです。
オナガガモ(ペア)1
オナガガモの夫婦です。気持ちよく眠っているところを邪魔しちゃいました。
オナガガモ(オス)1
流石、オナガガモのオスはきちんとしたタキシードに身を包んでいます。奥さまは地味なのに・・・
白鳥3
やっぱり白鳥はみんなの憧れの的なんでしょうか?
コゲラ1
コゲラです。恥ずかしがらずに出ておいでよ~!

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/30(金) 02:09:34|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

初めての翡翠(カワセミ)とアオジ

今日は初めて撮ったカワセミ(翡翠)です。
初めて撮れましたので決して上手くは撮れませんでしたが・・・とれた自分に満足 笑)

翡翠4
後ろ姿でごめんなさい!これが一番良く撮れたものなんです 泣)
アオジ3
アオジです。スズメ目ホオジロ科の鳥。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/27(火) 18:50:57|
  2. 動物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

アセビ、クサボケ、シナレンギョウ・・・

また寒さが戻ってきた関東地方です。皆さんの方の寒さはいかがですか?

今日も皇居東御苑で出会った「アセビ」「クサボケ」「シナレンギョウ」その他の花の紹介です。だんだんアップできる花が多くなってきました。春のゆっくりとした足音が遠くから聞こえてくるようです。

アセビ1
馬酔木 (アセビ)・・・躑躅(つつじ)科アセビ属。高さ数mになる常緑低木で宮城県以南の本州、四国、九州に分布する。早春から釣り鐘型の花を咲かせ、春の到来を実感させる植物ですね。
アセビ2
「あしび」とも呼び、壷形(釣り鐘型)の花をいっぱい咲かせる。色は、うす紅色のものと白のものがありかすかな香りがする。
アセビ3
枝葉に「アセボチン」という有毒成分を含んでいる。馬が食べると酔って足がなえることから「足癈(あしじひ)」と呼ばれ、しだいに変化して「あしび」そして「あせび」となったようです。漢字の「馬酔木」もその由来によるとのこと。また、このことから、葉を煎じたものは殺虫剤としても使われているそうです。
クサボケ1
草木瓜(クサボケ)・・・バラ科ボケ属。別名で「ジナシ(地梨)」「シドミ」とも呼ばれる。冬から春にかけて、花が咲く。「木瓜(ぼけ)」の花より少し小さいく盆栽としても利用される。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/25(日) 01:02:32|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

ミヤマウグイスカズラと梅(八重野梅)

こんばんわ、今日は朝から一日中霧雨のような雨が降っていました。久しぶりのお湿りで植物は喜んでいるとは思いますが・・・

今日は皇居東御苑に咲いていた深山鶯神楽(ミヤマウグイスカグラ)と梅(八重野梅)の紹介です。

ミヤマウグイスカズラ2
深山鶯神楽(ミヤマウグイスカグラ)・・・スイカズラ科スイカズラ属。ウグイスカズラとよく似ていますが、こちらは毛深いのが特徴です。
ミヤマウグイスカズラ3
山のスイカズラの仲間でいちばんに花を咲かせます。小さなかわいいピンクの花ですよ♪花の大きさは1.5~2cmといったところ。
ミヤマウグイスカズラ1
《深山のウグイスカグラ》ということで名付けられました。春、葉と共に開く花は淡紅色、やや曲った漏斗状で先端5裂します。
ミヤマウグイスカズラ4
主に日本海側の山地に生育する落葉の低木。葉や花、果実など全体に細かい毛や腺毛で覆われている。秋には赤い実をつける。深い山でこの実に鶯が集まり神楽を踊っているように見える様から名前がついたとも言われています。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/23(金) 00:00:24|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

桜、さくら、サクラ(冬桜、十月桜、寒桜)

夕方から日差しぶりの小雨がパラついた関東です!
先日、リベンジで皇居東御苑に行ってきたときの紹介です。今日は3種類の桜の紹介です。

冬桜2
冬桜・・・バラ科サクラ属の小高木。文字通り冬に咲く桜で、冬に一重の白花を咲かせる桜。
冬桜3
10月~翌年3月頃まで咲きます。
冬桜4
別名コバザクラ(小葉桜)とも呼ばれ、原産地は日本です。
冬桜5
白または薄桃で花弁数は5枚の一重咲き。
冬桜6
オオシマザクラとマメザクラの種間雑種と考えられる。
十月桜1
十月桜・・・バラ科サクラ属。花は中輪、八重咲きで淡紅色。
十月桜2
開花期は4月上旬、10~12月頃で、10月頃から咲き始め、翌春にも咲く、年2回花を咲かせる珍しい桜です。
十月桜3
「こひがんざくら」の園芸品種です。晩秋から咲き始 め、冬のあいだも少しづつ咲き、4月上旬には多く咲きます。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/21(水) 23:26:09|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

皇居お堀の鳥たち

今日は先日東御苑に行って休苑だった時の皇居お堀の鳥たちの紹介です。時間が時間ですので、簡単な説明ですませますので、写真を中心にご覧ください。
18-200mmでは限界があります。これしか持っていかなかったのでトレミング有りです。

キンクロハジロ2
カモ?と思いましたが、白と黒のツートンカラーのキンクロハジロでした。
キンクロハジロ1
湖沼や河川、内湾などにみられ、大きな群れをつくります。基本的には夜行性。潜水が得意で、水底の貝類や甲殻類、昆虫などを捕らえるほか、水草も食べるようです。
キンクロハジロ3
オスは紫色の光沢のある、黒い体色が印象的です。腹は白色。一方メスでは全身が茶褐色です。雌雄とも、暗い体色に黄色い目がよく目立ちます。
メジロ1
お堀のそばのピラカンサスでしょうか?メジロが赤い実に集まっていました。
メジロ2
歩道があって、すぐ道路ですが、全然人の通行も気にしないで群がっていました。
メジロ3

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/18(日) 03:04:37|
  2. 動物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

レウィシアとバゴバ

今日も素敵な花の紹介です。花言葉が『熱い思慕』という「レウィシア」と『小さな強さ』という「バコバ」の紹介です。

レウィシア1
レウィシア・・・スベリヒユ科レウィシア属の多年草。原産地は北アメリカの高山地帯ですが、日当たりが好きで、乾燥にも強いので育てやすい。別名「岩花火(いわはなび)」
バコバ(コピア)1
バコバ・・・ゴマノハグサ科バコバ属。アフリカカナリア諸島が原産地の多年草。小さな葉で、地を這うように育ち、白い小さな花が咲かせます。
レウィシア2
昭和初期の頃に渡来し、冬から春にかけて開花する。いろんな色の花が咲くようです。やや多肉質の葉を放射状に広げ、株の中心から花茎を伸ばし、その先に花をつけます。その花が「一目惚れ」するような素敵な花でした!

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/16(金) 01:33:02|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

放春花(ボケ)とノースポール

先日の火曜日(13日)休みで、ある場所(皇居東御苑)に早春の花々を求めていきました。月曜定休なので安心して行ったら、ナント!本日休苑の立札が・・・。インターホンで尋ねると、一言!「昨日の月曜日、祭日で開苑しましたので、今日は休みです」って!ガ~ン!明日また休みですので、再チャレンジです!成果は後日!

今日はボケ(木瓜)のアップです。11月頃から咲き出す「寒木瓜(かんぼけ)」と呼ばれるものと春に開花するものとに分けられる。今日は春に開花する別名「放春花」と呼ばれるボケ(木瓜)の紹介です。また、マーガレットよりちょっと小さな「ノースポール」のアップです。

ボケ(放春花)1
木瓜(ボケ)・・・薔薇(ばら)科ボケ属。寒木瓜(かんぼけ)、放春花。ボケは放春花とよばれ春早くに咲く、バラ科の落葉低木で中国、日本が原産です。現在は新潟県小須戸町、新津市、白根市を中心に、全国の90㌫が生産販売されているとのこと。
ノースポール1
ノースポール・・・菊(きく)科キク属。花つきがよく、株全体をおおうほどに白く咲くところから「北極」のイメージが連想され、そこから「ノースポール(北極)」の名になったとのこと。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/15(木) 00:40:59|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

キルタンサス

またまた関東地方では寒いですが良い天気が続きます。とうとう3連休も終わってしまいましたね!お疲れ様でした!私は明日お・や・す・み・ですよ!

昨日に続きわたし的には初見の珍しい花が続きます!今日の花は「キルタンサス」。みなさん、知ってました?

キルタンサス1
キルタンサス・・・彼岸花(ひがんばな)科キルタンサス属の小球の球根植物です。原産地は南アフリカ。季節は11~2月。花の色は、朱紅、ピンク、オレンジ、黄、白と豊富のようです。
キルタンサス2
Cyrtanthus(キルタンサス)はギリシャ語で「曲がった花」のことだそうで、そういえばなんとなく花が湾曲してますよね。可愛い、お淑やかな感じがしませんか?

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/13(火) 01:51:28|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

におい桜

連休2日目、今日も天気に恵まれましたね!陽が当たる所とはポカポカ、日陰はブルブルの一日でした。皆さんは連休楽しんでますか?

今日は初めて出会った花、「におい桜」の紹介です。
におい桜4
におい桜・・・アカネ科ルクリア属。ルクリア(アッサムニオイザクラ)とも呼ばれる。原産地 中国雲南、ヒマラヤ、インドの高山地帯に自生する常緑低木の花です。とても上品な雰囲気を感じませんか?
におい桜1

花言葉は「しとやか」で、その言葉通り上品さがあり、また可愛らしさも兼ね備えた花です。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/12(月) 00:12:02|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

冬至梅とイチゴの木

今日は昨日と打って変って良い天気になりましたが、寒かった一日でした。世の中は3連休のようですネ!私は「そんなの関係ない!そんなの関係ない!」の一人です。

今日は梅の中でも早々と花をつける「冬至梅」(トウジバイと読みます)と昨年花だけ紹介し、花と実が両方一度に楽しめると言っておきながら、実を紹介できなかった「イチゴの木」の紹介です。

冬至梅2
冬至梅(トウジバイ)・・・読んで字の如く、冬至の頃から咲きだす梅のことでしょうか?普通の梅に先駆けて咲きお正月の頃には咲き誇ります。
イチゴの木2
苺の木(イチゴの木)・・・ツツジ科 アルブツス(イチゴノキ)属 の常緑高木。原産地は南ヨーロッパ。学名のアルブツス・ウネドの名でも流通している。
英名はストロベリーツリー(strawberry tree)で、和名はこれを訳したもの。花と実が同時に見られる。実は美味しく食べられるとありますが、学名のArbutus unedoの「unedo」とは「一度」との意味で、一度食べたら2度とまずくて食べられないという話も聞きますがどっちでしょうか?


【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/10(土) 23:32:00|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

アメリカヒイラギと梅一輪

今日は寒い一日でしたね。実は朝、一面の銀世界をちょっぴり期待していましたが、残念でした。
今日はクリスマスで使われることが多いアメリカヒイラギ(亜米利加柊)の赤い実とやっと見つけた「梅一輪」のアップです。

アメリカヒイラギ1
亜米利加柊(アメリカヒイラギ)・・・モチノキ科モチノキ属。赤い実とつやのある緑色の葉のコントラストが美しいことなどから、リースなどクリスマスの飾りに使われる。
アメリカヒイラギ2
クリスマスでおなじみのヒイラギは、欧米では セイヨウヒイラギ のことだが、日本ではこのアメリカヒイラギやヒイラギモチが使われる。日本の ヒイラギ はモクセイ科で種類が異なる。
日本の柊(ヒイラギ)は節分の時に鰯と一緒に使う、あれですよ!

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/10(土) 00:42:43|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

黄梅と蝋梅

春一番の花の色は黄色が多いようです。蝋梅~黄梅~サンシュユ~福寿草~水仙・・・と梅が咲くまでは黄色一色のようですね!

今日は去年の暮はまだ蕾だった「蝋梅」が咲いていましたので紹介します(昨日のアップは昨年のものでしたから・・・)「蝋梅」は昨日も言いましたが、「素心蝋梅」や「満月蝋梅」の原種とも言える花です。

蝋梅1
蝋梅(ロウバイ)・・・ロウバイ科ロウバイ属。名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいですが、ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木です。
蝋梅3
やっぱり原種とあって、素心や満月と比べると貧弱な感じがしますネ。
蝋梅2
↑「和蝋梅」と呼ばれ、「素心蝋梅」や「満月蝋梅」と区別されます。最近は「蝋梅」と呼ばれるものは「素心」や「満月」を指すようになりました。
↓昨年末からちらほら咲きだしていた「黄梅」です。
黄梅2
黄梅(オウバイ)・・・木犀(もくせい)科ソケイ(ジャスミン)属。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/08(木) 01:16:52|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

満月蝋梅と素心蝋梅?

こんにちわ、今日もいいお天気ですネ!blogの更新をしたら出かけましょうか?
今日は去年から不思議に思っていた蝋梅の種類のことです。単なる「蝋梅」、またこげ茶の花をつける「アメリカ蝋梅」は区別が容易なのですが、「素心蝋梅」と「満月蝋梅」の区別がいまいち分かりません。

素心蝋梅1
↑素心蝋梅(ソシンロウバイ)です。
満月蝋梅3
↑満月蝋梅(マンゲツロウバイ)です。
違いが分かりますか?満月と素心の区別はネットで調べても諸説があるようで、明確には分かりませんでした 泣)


【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/06(火) 11:57:32|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

万両、千両、百両、十両、一両

あっという間の正月三が日でした。楽しいお正月をお過ごしになったと思います。私は何十年振りに元旦、二日と休めました。仕事柄非常に珍しい特例のようです 笑)
今日は去年と同じ、万両~一両のアップです。去年は一両(アリドオシ)の実が見れずに悔しい思いをしましたが、今年はばっちりアップできました。

万両(マンリョウ)1
万両(マンリョウ)・・・ヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑低木。次の千両より重くの意味で、実は下に垂れてつく。鳥に食べられにくく冬にできた実が次の冬にも残っていることもある。葉は千両と違い、互い違いにつき、花は初夏に咲き、昼に咲いて夜には閉じる、1日花である。花後につける球形の実は、11月頃に赤く熟す。
万両 白実(シロノミマンリョウ)1
白い実もある。白実万両(シロノミマンリョウ)↑
千両(センリョウ)1
千両(センリョウ)・・・センリョウ科センリョウ属。千両の花は目立たない黄緑色で、花よりも実の方が観賞されます。赤実と黄実がありますが、古くは白、樺色もあったようです。最近、桃色と言いますかピンク色の実もあると聞きます。実は万両と異なり葉の上に上を向いてつきます。やはり万両より軽いようです。葉は万両と違い対生といって2枚ずつ向かい合ってつく。
千両 黄実(キノミセンリョウ)1
最近は黄色の黄実千両(キノミセンリョウ)も人気のようです。
万両、千両ともその名から縁起物として使われる。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/04(日) 23:26:44|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

あけましておめでとうございます。

みなさん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
今年も皆さんの訪問、コメントを力に変えて頑張りたいと思います。
昨年は「素心蝋梅」の年賀状でしたが、今年は10月桜の2バージョンにしました♪

年賀十月桜1

年賀十月桜2

今年もよろしくお願いいたします    makira


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/01/01(木) 01:41:13|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:20

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。