にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます!ポチをお願いm(__)m♪

無料カウンター にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・ Lensを通して・・・ 2009年09月

Lensを通して・・・

(^_^)v             Lensを通して観た自然をテーマにしています。植物や動物、風景などを簡単な言葉とともに送ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

秋の訪れに咲く!(萩、藤袴、洞庭藍、蔓穂、杜鵑、ジンジャー・・・)

今日は天気予報通りの雨!少し肌寒ささえ感じた一日でした。今日で9月も終わりです。クールビズも終わり、明日からまたネクタイ着用です♪もう10月なんですね~♪

今日は晩夏から初秋にかけて花をつける植物のアップです。たくさんになりますが、飽きずにどうぞ♪

ハギ1
萩(はぎ)・・・マメ科ハギ属。秋の七草の一つで、夏から秋にかけて赤紫色(まれに白色)のチョウのかたちの花をつけます。
ハギ3
落葉低木または基部が木質の草本の総称で葉の形は楕円で小葉が3つつく。
ハギ2
万葉の時代から栽培されているマメ科の落葉低木。基部は、木質化して、堅く、上部は分枝して、垂れ下がり、その枝先にマメ科特有の蝶に似た口唇形の赤紫、または白色の小花を多数咲かせます。
ハギ4
ハギ(萩)の品種には、ヤマハギ(山萩)やミヤギノハギ(宮城の萩)が普通に見られます。これは何萩でしょうか?
萩のトンネル
↑向島百花園の有名な(?)「萩のトンネル」です♪
フジバカマ1
↑藤袴(フジバカマ)・・・菊(きく)科フジバカマ属。小さいピンク色の花がたくさん咲く。花の色が藤(ふじ)色で、花弁の形が袴(はかま)のようであることからこの名前に。
フジバカマ2
全体に桜餅のような香りがし、平安時代の女性は、これを干した茎や葉っぱを水につけて髪を洗った。また、防虫剤、芳香剤、お茶などにも利用したようです。秋の七草のひとつで~す。

【 まだ続きがありますよ~! 】
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/30(水) 23:20:49|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

とんぼのめがねは水色めがね・・・

こんばんは♪すっかり秋になってしまいましたネ!

♪とんぼの めがねは 水いろ めがね
       青いおそらを とんだから とんだから♪

懐かしい童謡ですが、ホントにトンボのメガネは水色なんでしょうか?
アオイトトンボ
ホントに水色なんですね♪ アオイトトンボです!

↓最後にもお見せしますが、こんなトンボの組体操が見れましたよ♪
アオイトトンボのダブル産卵
↓「あなた!あなたったら!くっ!苦しいわ~!まだ、掴まっていないわよ~!」「そうか、まだ宙ぶらりんか?ゴメン、ゴメン」
アオイトトンボ1
↓「あ~、苦しかった!やっと掴まれたけど、まだ体勢は不十分よ!」「大丈夫か?」
アオイトトンボ2
↓「そうそう、これでいいのよ!」「これで、ちゃんと産めそうか?」「なんとか大丈夫よ。」
アオイトトンボ3
「でも、これだけじゃ、つまらないわね!」「おい、おい、何をするつもりなんだ!」

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/29(火) 21:30:02|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14

枸杞、現の証拠、桜蓼、白花桜蓼

明日は雨になりそうです。花にとっては久しぶりの恵みですが、休みの私にとってはショック!です
 泣)

今日は大好きな花、「現の証拠」を中心にアップです。

クコ1
枸杞(クコ)・・・ナス科 クコ属。クコは日本全国、朝鮮・中国・台湾に分布する落葉低木。夏に紫紅色の花を咲かせ、秋に美しい果実を付ける。果実は甘くておいしい。”クコの実”のクコですよ~!
クコ2
開花時期は7~11月で、葉の脇に花径は1センチくらいの紫色ないし淡い紫色の花を1~4個くらいつけます。花は「茄子」の花を小形にした感じで、合弁花で先が5つに裂け、鐘形です。実は楕円形をした液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと赤くなる、実は枸杞子(くこし)と呼ばれ、生薬や枸杞酒、枸杞茶に用いられます。
ゲンノショウコ1
現の証拠(ゲンノショウコ)・・・フウロソウ科 フウロソウ属。ミコシグサ(御輿草)の別名は種子の弾けた後の果実が神輿に似ているためです。
ゲンノショウコ2
多年草。 日当たりのよい山野に普通に生える。 草丈30~50cm。花は紫紅色、白色、淡紅色。 直径1~1.5cm。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/28(月) 22:37:09|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

風船蔓、草花火、ヘデリフォリウム、玉簾

こんばんは、今日もすっきりとした秋晴れでしたね!仕事中午前中に出かける用事がありましたが、日差しが強くて、汗だくでした。日中はまだまだ夏ですね♪

今日は自宅(鉢植えですよ♪)もしくは自宅付近の花の紹介です。

フウセンカズラ1
風船蔓(フウセンカズラ)・・・ムクロジ科フウセンカズラ属。蔓性でとても小さな白い花を咲かせます。ホオズキのような丸い実をつけます。それが風船のようなのでフウセンカズラと呼ぶようです。なんとも風情のある実でしょうか♪夏の簾や風鈴との相性もいいようです!
フウセンカズラ2
フウセンカズラは北米南部の栽培植物。植物体はツル植物としては繊細で、西日よけとしてプランターなどで植栽され、涼感があります。花は6月のおわり頃から咲き始め、散房花序となって、白い小さな花を咲かせます。
フウセンカズラ3
風船のような実の中はホオズキのような丸い実ではなく、3つ分かれた部屋に一つずつ種が入っています♪
クサハナビ
草花火(クサハナビ)・・・スベリヒユ科タリヌム属。別名夏花火。多年草。多肉植物扱いのようです。マツバギクの葉を一寸大きくした様な草姿。極細い茎の先に2・5センチ程の紅紫色をした花を咲かせます。
クサハナビ1
地際から出る細長い多肉質の葉の葉間から、細長い花茎を出して、濃桃色の花を多数咲かせますが、花は一日花で、開花する時間は遅く、午後が見頃になります。そうなんですよ!朝の時間帯はまだ蕾なんです♪

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/26(土) 23:03:05|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

可愛いお客様

今日は朝から快晴!でしたね♪久しぶりの撮影日和で、久しぶりに昭和記念公園に足を運びました。隅々まで歩きまわってクタクタでしたが、気持ちのよい秋の一日でした。アップは後日です♪

今日は虫さんを少しアップします。苦手な方はパスですね♪

金水引へのお客様
金水引(キンミズヒキ)にホソヒラタアブ・・・ハナアブ科 ヒラタアブ亜科。腹部は黄橙色と黒色の縞模様で、それぞれの節に(太い帯と細い帯の)各2本ずつの黒帯があるスマートなアブ。飛ぶのがうまく、空中で止まりながら、器用に飛び、花によく来る最も身近なハナアブ。
コムラサキのお客様1
小紫へのお客様です。背中の模様が面白いですが、名前がわかりません 泣) *かえさんから「ミナミアオカメムシの幼虫」と教えていただきました。ありがとうございます♪コムラサキのお客様2
名前のわかる方がいたら、是非教えて下さい♪
あなたはだ~れ?
この子も名前がわかりません!
フウセンカズラとヤマトシジミ1
風船蔓(フウセンカズラ)とヤマトシジミ  風船蔓・・・ムクロジ科フウセンカズラ属。蔓性でとても小さな白い花を咲かせます。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/25(金) 19:19:20|
  2. 植物(花)と虫たち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

小蜜柑草、爆蘭、合歓の木

シルバーウィークも過ぎてしまいましたが、お伺いもできず申し訳ありません 泣) 次回のシルバーウィークは15.6年後とのこと・・・その頃は年も取って、毎日がゴールデンウィークだと思いますが 笑)

今日は可愛い小蜜柑草(コミカンソウ)を中心に爆蘭(ハゼラン)、合歓の木のアップです!

コミカンソウ1
コミカンソウ(小蜜柑草)・・・キントラノオ目コミカンソウ科コミカンソウ属(以前の分類はトウダイグサ目トウダイグサ科コミカンソウ属だったようです)和名の由来は果実の形が蜜柑に似ていて小さいからのようです。
コミカンソウ2
道端や畑、公園などの荒地に生育する史前帰化植物で、ものの本にはごく普通に見られると書いてありますがはなはだ疑問です♪本州(関東以南)~琉球、暖帯~亜熱帯に見られ、草丈10~30cm、花期は7~10月の一年草です。
コミカンソウ3
マメ科に似た就眠運動をするので、夜になると葉を閉じます。葉の付け根に一個ずつ、柄の短い小さな実が一列に並んでぶら下がっていて、初めは黄緑色で、熟すと赤褐色になります。果実は扁平な球形で直径3mmほどになり、周りには小さな突起が密生しています。
コミカンソウ4
花は葉の1枚1枚のつけね、葉腋に下向きに咲く。雌雄同株で、小枝の下部には雌花が咲き、枝先には雄花が咲く。花被片は6枚で、白っぽい無色半透明。花冠の直径は約1~2mm。小さくて見えませんね♪雌花の筋は赤紫色が濃く、全体として赤味を帯びて見え、雄花は中央に淡い赤紫色の筋があり、全体として白く見えます。
ハゼラン1
↑ハゼラン(爆蘭)・・・別名は三時草(さんじそう)、花火草(はなびぐさ)。滑ひゆ(すべりひゆ)科ハゼラン属。熱帯アメリカ原産。明治初期に渡来。道端でよく見かけますが、お気づきですか? 花茎は葉群の上から枝分かれし、ピンクの可愛い花を咲かせます♪

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/23(水) 23:05:24|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

彼岸花

公私ともどもこの数日忙しくてなかなか更新がままなりません 泣) 皆様のところへもお伺いできませんで申しわけございません m(__)m

川口興禅院
なかなか巾着田に行こうと思っていけない私の彼岸花スポットです 笑)
彼岸花1
巾着田とは数段劣りますが・・・
彼岸花2
見頃には少し早かったようですが・・・
彼岸花3
地元の間では有名(?)です 笑)

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/22(火) 23:43:15|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

とっても自然、北本自然観察公園

今日はからりと晴れた秋晴れでしたね!日中の日差しは強いものの朝夕は秋そのものになってきました♪

今日は昨日に引き続いて、北本自然観察公園からのアップですが、蝶と花のアップです。

昨日の「あまりに自然過ぎて・・・」の言葉ですが、↓こんな看板がそこここに立っているし、「近くにスズメバチの巣があります。注意してください!」との看板もあるんです。あまりに自然過ぎて、怖い面もありました♪
マムシ看板
「あっ!蝶が・・・」「あっ!花が・・・」と言っても、こんな看板が目に入ると、そう簡単には草むらに入っていけません 泣)
キチョウ
素早い動きのキチョウがやっと止まってくれました!でも、葉っぱの下です・・・撮りにくい!
キチョウ・・・チョウ目 シロチョウ科 モンキチョウ亜科。林縁や草原で普通に見られる、黄色いチョウ。モンシロチョウやモンキチョウよりはひとまわり小さいですが、いつもせわしなく飛び、いろいろな花で吸蜜したり、地面で吸水する。成虫のまま越冬し、早春から飛びはじめるので、3月頃に見かける黄色いチョウはこの種類であることが多いとのこと。
キンミズヒキ1
金水引 (きんみずひき)・・・バラ科 キンミズヒキ属。夏から秋にかけて黄色の5弁花が咲く。山道の側など、やや自然性の高い草地に生育する。金箔(きんぱく)色の水引や元結(もとゆい)のことを「金水引」といい、この花の形がこの「金水引」に似ているところから命名されたとのこと。
↓普通の「水引(ミズヒキ)」はよく目にしますよね!この金バージョンですね♪
水引1
↑水引 2008.08.15 撮影  
キンミズヒキ2
↑キンミズヒキはタンニンを多く含み、下痢止めなどの薬草になる。春先に若芽を摘んでアクを抜いて食する地方もあるらしい。
キマダラセセリ1
黄斑せせり(キマダラセセリ)・・・初夏から初秋まで、河川や雑木林などで見られるセセリチョウの仲間です。翅の裏側は黄褐色と山吹色のまだら模様が目立ちます。表側は、褐色の地色に山吹色の帯が見られます。ジェット戦闘機のように敏速に飛ぶので、なかなかカメラに収まってはくれません。やっと動きを止めてくれました。そこをすかさずパチリでした♪


【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/18(金) 00:46:42|
  2. 植物(花)と虫たち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

自然観察公園の花々

先日、北本自然観察公園にはじめていってきました。自然観察公園は埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園とのこと。

あまりに自然過ぎて・・・期待外れの面もありましたが、山野に咲くホントに自然の花や蝶を撮ることができました。今日はその花々の紹介です。次回は蝶を中心とした紹介になります。

カタバミ2
片喰、傍食、酢漿草(カタバミ)・・・酢漿草(かたばみ)科カタバミ属。いろんな漢字があるが読み方はカタバミ。学名のOxalis(オキザリス)は、ギリシャ語の「oxys(酸っぱい)」が語源で、葉や茎に蓚酸(しゅうさん)を含み酸味があることから。
カタバミ1
道端でときどき見かけ、クローバーのような3枚葉と小さな黄色い花。葉っぱは、雨が降ったり夜になると閉じる。「カタバミ紋(もん)」は古くから家紋とされ100種類以上あるようです。
同じオキザリスの種類に大好きな「紫酢漿草(むらさきかたばみ)」↓や「芋酢漿草(いもかたばみ)」↓がある。 また、葉っぱが赤紫色のものは「赤酢漿草(あかかたばみ)」と呼ぶ。
ムラサキカタバミ
↑紫酢漿草(むらさきかたばみ) 2009.06.12 撮影
イモカタバミ1
↑芋酢漿草(いもかたばみ)  2008.04.15 撮影
キツネノマゴ1
狐の孫(キツネノマゴ)・・・キツネノマゴ科 キツネノマゴ属。変わった和名の由来は、花が小狐の顔に似ているとか花穂の様子が狐の尻尾に似ているとかの説があるようです。夏から秋にかけて道端の草むらでよく見かけるが、小さな花なので多くの人は見過ごしているかもしれません。
キツネノマゴ2
道端に生える小柄な雑草で、やや湿ったところを好み、枝の先に穂状の花序をつけ、淡紅紫色の唇形の花をつけます。花はいっぺんにではなく、ぱらぱらと夏から秋にかけて咲きつづけます。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/16(水) 23:47:30|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

小貝川コスモス

今日は一日中どんよりとした天気でした。明日はまた全国的に秋晴れのようです!

今日は先日行った「小貝川」河岸のコスモス畑に行った時のアップです。

小貝川
小貝川・・・関東平野を北から南へと流れる一級河川。利根川水系利根川の支流である。全長111.8kmは、利根川の支流中で第2位。江戸時代初期の寛永期までは、現在のつくばみらい市付近で鬼怒川に合流していたが、徳川家康の命による利根川を渡良瀬川水系や・鬼怒川水系とつなぐ瀬替えの工事の一つとして、茨城県守谷市の丘陵に鬼怒川の河道を開削することにより、小貝川と鬼怒川の利根川への合流点が分けられた。
コスモス
秋桜 (コスモス)・・・菊(きく)科コスモス属。原産地メキシコ。外来品種だが、日本の風景に自然にとけこんでいる。秋の代表花ですが、早いものは夏のあいだから咲き始めている。早咲き遅咲きあり。
小貝川コスモス1
小貝川ふれあい公園の4つのゾーンのうちフラワーゾーン。
小貝川コスモス2
行ったのは4日でまだ少し早かったようだ。やはり台風の影響が残っていた。
小貝川コスモス3
バックに見えるは筑波山。ここは季節によって、ポピーや矢車菊、花菱草、霞草などが咲き乱れる。
小貝川コスモス4

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/15(火) 23:06:25|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

オオスカシバ

昨日とは違い今日はいい天気でした。
今日は明野の向日葵のアップを終わり、オオスカシバのアップです。虫さんが苦手な方はパスですね♪

ヤグルマギク1
矢車菊(ヤグルマギク)・・・菊科セントウレア属。・ヨーロッパ原産。ドイツの国花で明治初期~中期に渡来。春から夏にかけて色とりどりの花が咲くので最後の花と思われます。古代エジプトのツタンカーメン王の墓からも発見された、由緒ある花。
ヤグルマギク2
鯉のぼりの柱の先につける矢車に似ていることから「矢車菊」の名前になった。別名「ヤグルマソウ(矢車草)」「セントーレア」元々は小麦畑に生える雑草だったそうです。花の形が矢車に似ているのでこのような名前になったといいます。花言葉は「教育、信頼」
ニラの花1
韮(ニラ)・・・ユリ科ネギ属。開花時期は、 8/20頃~10/25頃でアジア原産。かなり昔に渡来。てっぺんのところに白い花がたくさん咲く。根元のところから生えてる葉っぱが食べられる。 ちぎるとニラ独特の匂い♪白い清楚な花だと思います。
ニラの花でハチアワセ!
ねぎの一種で、ビタミンAとカロチンを多く含み、消化を助け、風邪の予防効果もある。独特の臭気があることから「においきらう」(香嫌)、これが「にら」に変化したとも、また、美味であることから「みら」(美辣)、これが「にら」に変化したともいわれる。蜂やアリにとってはいい匂いないでしょうか?
名前は?1
この花の名前がわかりません 泣) 分かる方がいたら教えて下さい♪
*よしゆき様(http://homepage.mac.com/n_yoshiyuki/index.html)から教えていただきました。春車菊のようです。よしゆき様ありがとうございました。
名前は?2
これから次は「オオスカシバ」に移ります。「オオスカシバ」は蛾の一種ですが、とってもそんな風には見えません♪)目はちょっと怖いですが・・・

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/13(日) 22:58:56|
  2. 植物(花)と虫たち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

遅かった向日葵 泣)

去年と同様今年も9月に入ってからの向日葵撮影だった。やっぱり2年続けて、最盛期を逃してしまった。去年は枯れた向日葵が一面に広がっていたが、今年はすでに刈られていた。
向日葵は諦めて、百日草に訪れる蝶をメインにいつものオオスカシバを撮ってきました。

ひまわり1
メインは刈られてしまっていたが、サブの八重向日葵はまだ咲いていた。前日の台風の影響が残っており痛々しい姿の向日葵も目立った。
「明野」と言えば、山梨県北杜市明野のひまわりが有名ですが、全く別ですよ♪
筑波山とひまわり1
「筑西市明野ひまわりの里」・・・茨城県明野町は、平成16年に下館市・関城町・協和町と合併し、筑西市となりました。「ひまわりの里」は、従来から旧明野町の観光名所として知られています。「宮山ふるさとふれあい公園」に隣接する畑を使い、約80万本の八重咲きひまわりが植えられ、毎年8月下旬には「ひまわりフェスティバル」が開催されます。茨城と言えば筑波山♪その筑波山をバックにした1枚です。
ひまわりとミツバチ1
いつも忙しそうなミツバチです。
ニラとミツバチ1
ニラの花にも訪れて蜜を集めていました。
百日草とアゲハ1
↑↓アゲハも近くの花に・・・人を無視して百日草の蜜に集中です♪
百日草とアゲハ2

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/11(金) 21:58:58|
  2. 植物(花)と虫たち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

デンマークカクタス、クロサンドラ、秋明菊、源平葛

今日は晴れるという予報だったと思いましたが、一日中曇りの天気でしたが、比較的過ごしやすい一日でした。

今日はまた寄せ集めになりました。これからクリスマスの頃に花をつける「デンマークカクタス」(別名クリスマスカクタス)、8月の最盛期からそろそろ終盤期を迎える「クロサンドラ」、これからが楽しみな秋明菊、もうすぐ花期の最後を迎えるユニークな色合いの「源平葛」の紹介です。

デンマークカクタス1
デンマークカクタス・・・サボテン科 シュルンベルゲラ属 半耐寒性宿根草。近年 デンマークで品質改良された新種だそうですが、クリスマスの頃に咲くので クリスマスカクタスとも言われるのだそうです。
デンマークカクタス2
今から店頭に出てくる時期で クリスマスまで 楽しめるそうです。9月までに購入したものは全部花が咲き終わったらつぼみをちぎって一定期間 夜にダンボールをかぶせておくそうです。そうすると12月上旬にもう一度花を咲かせることができるのだそうです。
デンマークカクタス3
デンマークカクタスは北欧で改良されたシャコバサボテンで、在来種に比べ花や葉が大きく華麗です。クリスマスの頃に咲花するので「クリスマスカクタス」ともよばれたりします。シャコバサボテンは、サボテンと名はついていますが砂漠に生えているものではなく、もともとはブラジルの山岳地帯で樹木や岩肌などに着生しているそうです。
短日植物で日の長さが12時間以下で気温が20度以下が1ヶ月ほど続くと花芽が作られます。蛍光灯などの人工の光にも反応しますので秋になっても室内などの電灯の光の当たるところにおいておくといつまでたっても花は咲きませんよ♪花言葉は「美しい眺め」「冒険心」「つむじまがり」「命の喜び」
クロサンドラ1
クロサンドラ・・・キツネノマゴ科クロッサンドラ属の多年草。別名「上戸花(ジョウゴバナ)」「クロッサンドラ」「縁取雄(ヘリトリオシベ)」「狐の日傘(キツネノヒガサ)」「サマーキャンドル(Summer Candle)」「ファイヤークラッカーフラワー(firecracker flower)」などたくさんありますが、どれも納得できそうな名前だと思いませんか?
5~11月と長期間、花を咲かせ続ける耐高温性・耐多湿性・非耐寒性の常緑多年草です。麦穂のように見える緑色の苞を連ねた花穂(花序)のまわりに、次々と朱赤(橙)や黄の花を咲かせます。艶々とした光沢のある緑の葉が花を引き立てています。 原産地はインド南部、スリランカ。 花言葉は『理想の美』

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/10(木) 00:01:27|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

小紫、彼岸花、瑠璃茉莉

朝夕は涼しさを増し過ごしやすい季節になってきました。日中の日差しはまだまだ強いですが・・・

今日はちょっと秋を感じさせるコムラサキからの紹介です。

コムラサキ1
小紫(コムラサキ)・・・ムラサキシキブ属クマツヅラ科。紫式部より小型から「コシキブ(小式部)」との別名もある。初夏に薄紫色の花を咲かせ、秋に垂れた枝に紫色の小球形の果実を多数付ける落葉低木です。
コムラサキ2
9月に入り、徐々に色付ききれいな色になりつつあります。幹に近いところから枝先に向かって色付く果実は、鳥の好物のようです。
コムラサキ3
緑色の葉は上半分に鋸歯が見られ、葉は対生に付きます。 コムラサキと似た花に、ムラサキシキブ(紫式部)があります↓が、通常、家庭の庭で見られムラサキシキブと呼ばれるものは、実際には、コムラサキであることが多いです。コムラサキの白色品種に、シロシキブ(白式部)↓↓があります。
紫式部1
↑こちらが「紫式部」です。(2007.11.02 撮影  於:新宿御苑) 違いがわかりますか?
■コムラサキ(小紫)とムラサキシキブ(紫式部)の違い
◆果実の付き方: ムラサキシキブは比較的疎らに付きますが、コムラサキは果実が固まって付きます。
◆葉柄と花柄の付く位置: ムラサキシキブは近接していますが、コムラサキは少し離れて出ます。
◆葉の鋸歯: ムラサキシキブは全葉にありますが、コムラサキには上半分にしかありません。
◆樹高: ムラサキシキブの方が高い(3~4m)、コムラサキの方が低い(2~3m)です。
◆枝垂れ: ムラサキシキブは枝垂れませんが、コムラサキは枝垂れます。
◆分布: ムラサキシキブは山野の林に自生し、コムラサキは家庭の庭先に植栽されています。
↓こちらが白式部(シロシキブ)、小紫(白実)です。
しろみのこむらさき1
2008.10.10 撮影  於:向島百花園
ちなみに、小紫の花は覚えていらっしゃいますか?「・・・?」という方のために、幻想的な小紫の花を↓に♪
コムラサキ
↑↓2009.07.10 撮影  於:花と緑の振興センター
コムラサキ1

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/08(火) 11:37:22|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

ヤマトシジミ、ギンヤンマ、ホトトギス、ヤブミョウガ

今日はよく晴れましたが、日中はやはり真夏のような日差しでしたネ!

今日も東御苑からの虫さんと秋の七草に数えられているホトトギスのアップです。

ヤマトシジミ1
ヤマトシジミ・・・おそらく都市部ではもっとも数が多い蝶ではないでしょうか。あまりにも普通種なので、注目されませんが、やはり都会にあっては貴重な存在です。
食草のカタバミはちょっとした土があればどこにでも生えてきます。庭を持っている人には目の敵にされますが、しかしよく見るとかわいい花だと思います。
ギンヤンマの産卵
ギンヤンマ・・・トンボ目 ヤンマ科。最も親しまれている形のよいヤンマ。むかしの少年たちのあこがれのトンボで、子供の頃オニヤンマとこのギンヤンマを捕まえた時は得意顔でした♪
ギンヤンマの成虫は交尾後にオスとメスが連結したまま、あるいは、単独で水面に突き出た水草などに止まる。メスは腹部先端にある産卵管を植物の組織内に突き刺し、1粒ずつ産卵する。↑
ホトトギス1
ホトトギス・・・ユリ科ホトトギス属。”ホトトギス”と聞けば小鳥を思い浮かべる人が多いことでしょうが、植物にもホトトギスと呼ばれる野草があります。この名前は花びらにある紫色の斑紋がホトトギス(小鳥)の胸の斑紋と似ていることから付けられたとされています。ホトトギス(小鳥)のは横縞模様であるが、野草の斑紋には横縞模様から大小の斑点まで様々なものがあるとのことです。


【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/06(日) 00:44:19|
  2. 昆虫|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

再び、東御苑

すっかり秋らしくなりましたね!今日は曇りがちでしたが、気温もそんなに高くなく過ごしやすい一日でした。今日は遅ればせながら、向日葵を見に「明野」まで行ってきましたが、大半が見頃を過ぎ刈られていました 泣) 百日草に群がる蝶やオオスカシバを撮ってきました。後日のアップです♪

今日はまた皇居東御苑に行ってきました!その時のアップです♪
サルスベリの咲く池1
↑前回行き忘れた池付近です。
どうです?この1枚。何となく外国の絵画的雰囲気を感じませんか?この日のお気に入りの1枚です。綺麗な素敵な外国の方でした。端に入れさせてもらいましたが、大きなアクセントになりました。
サルスベリの咲く池
各色の百日紅の花が咲き誇っていました。ここは日本人より外国の方のほうが多く、多国籍な公園のような雰囲気です。休憩所なんて日本の方が隅で小さく・・・なんて光景も見られました。
タカサゴユリ1
↑本丸の近くにひっそりと・・・ではなく、華やかに咲いていた「タガサゴユリ」を見つけました。
タカサゴユリ2
高砂百合(タカサゴユリ)・・・ユリ科ユリ属。名前のとおり、台湾原産の帰化植物である(タカサゴ:琉球語のサカサングに由来する台湾の別称)。観賞用として大正時代に導入されたという。テッポウユリによく似た花を咲かせるので、除草されず、広がりつつある。荒地に生育し、花の外側が赤褐色を帯びている点などが特徴的です。
タカサゴユリ3
純白の花を付けるテッポウユリに対して、花被片(花弁)の外側が紫色を帯びることが多い(純白のタカサゴユリもあるようだ)。またテッポウユリと比べて細長い葉を付け、種子をまくと1年で開花するのでよく殖え、各地で野生化しているようです。年数が経つと、1本で10輪以上の花を付けるようになります。テッポウユリとの交配によってシンテッポウユリ(Lilium x formolongi)が作り出されているとのこと。



【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/04(金) 23:26:11|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

姫路城 No2

台風通過の後、今日はさわやかな一日でした。晴れて日差しは強く真夏のようですが、心なしか秋の気配を感じる一日でしたネ!

今日の姫路城No2で2009年夏休みは終了です。長い間ご声援ありがとうございました ペコリ)
姫路城案内図
隈なく見るわけにもいかず、とりあえず本丸目指して行きます。
姫路城7
いよいよ間近に本丸が・・・
ムッ?・・・この瓦の紋どころは・・・?
池田輝政瓦紋
確か、池田輝政と思いつつ、横を見るとさすが、説明看板がありました!
姫路城瓦紋一覧(一部)
「よかった~!」恥をかかなくて済みました!カミさんに向かって鼻高々です♪
姫路城8
本丸前の広い庭(?)です。日陰を求めて、ウロウロ・・・暑い!暑いってバテ気味でしたよ♪

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/01(火) 23:53:46|
  2. 風景(旅)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

姫路城NO.1

政権交代のように大地を揺るがす台風が来ると覚悟をしていたものの、肩すかしを食ってしまいました。おかげで明日は天気のようです!

今日は夏休み最後の訪問地国宝姫路城NO.1のアップです。
姫路城
姫路城は法隆寺とともに1993年12月11日、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界遺産リストにその名が登録されました。この城は、白壁で統一された優美な外観から、白鷺城の別称があり、その名でも広く知られています。
姫路城1
そして2001年には、国宝指定70周年、築城400周年を迎えました。
姫路城2
城外から見える姫路城です。今日はこんな白鷺城のいろんな姿をご覧いただこうと思います。
桜門橋1
さあ!桜門橋から入城です♪
姫路城碑
入ると姫路城碑の大きな岩がど~んとあります。みんなここで記念写真をパチリです。

【 まだ続きがありますよ~! 】

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/09/01(火) 00:59:05|
  2. 風景(旅)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。