にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます!ポチをお願いm(__)m♪

無料カウンター にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・ Lensを通して・・・ 金糸梅、未央柳、露草、紫露草、石榴、夏椿
FC2ブログ

Lensを通して・・・

(^_^)v             Lensを通して観た自然をテーマにしています。植物や動物、風景などを簡単な言葉とともに送ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

金糸梅、未央柳、露草、紫露草、石榴、夏椿

今日も梅雨とは思えないほどの天気でした。しばらく雨はなさそうですよ♪
少し更新速度が鈍りました。今日は今までの遅れを取り戻すべく、花、はな、ハナ・・・の“てんこ盛り”ですよ♪

キンシバイ2
↑金糸梅(キンシバイ)・・・オトギリソウ科 オトギリソウ属の常緑、半常緑低木。今の時期に黄色の鮮やかな花を咲かせているのは、この「金糸梅(キンシバイ)」か次に紹介する「未央柳(ビヨウヤナギ)」です。雄しべが金の糸のように見えるところから金糸梅となづけられたようです。
キンシバイ3
ふっくらとした黄金色の花がとてもきれいでした。辺りの暑さを和らげるような、すがすがしい色。同じ仲間であるビョウヤナギ(未央柳)も梅雨に咲く。色も形も似ているが、キンシバイ(金糸梅)の方が葉も花も幾分か小さい。開花時期は6月上旬頃~7月中旬頃。枝先に数個、鮮やかに光る黄色の花をつける。梅雨時に咲き、雨に映える。花言葉は「悲しみを止める」「秘密」「煌き」
ビヨウヤナギ1
↑未央柳(ビヨウヤナギ)」・・・・オトギリソウ科 オトギリソウ属の半常緑低木。別名 「美女柳(びじょやなぎ)」、「美容柳(びようやなぎ)」、「金線海棠(きんせんかいどう)」。
ビヨウヤナギ2
金糸梅と比べて花びらは大きく、花びらの間隔があいている。また、おしべが長い。
ビヨウヤナギ3
長楕円形の細長い葉が柳に見立てられてつけられた名前らしいです。あまりにも美しいので美容柳とも言われています。長いおしべの黄色い色が梅雨空に輝いています。
ビヨウヤナギ4
花言葉は「幸い」「気高さ」「あきらめ」
露草1
↑露草(ツユクサ)・・・露草(つゆくさ)科 ツユクサ属の一年草。別名 「蛍草」(ほたるぐさ)、「藍花」(あいばな)、「青花」(あおばな)、「移草」(うつしぐさ)、「月草」「鴨頭草」(つきくさ)、「縹草」(はなだぐさ)、「帽子花」(ぼうしばな)・・・驚くほどたくさんあります。それだけ身近な花と言うことでしょうか。
露草2
一日花なので、早朝に咲いて、夕方には萎んでしまいます。ツユクサ(露草)の花が三角形に見える3枚の花弁は、青い花弁が2枚と白い花弁が1枚からなります。花言葉は「豊潤」「恋の心変わり」「尊敬」
紫露草1
↑紫露草(ムラサキツユクサ)・・・ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草。通常は紫ですが、ピンク、白もあります。これは大紫露草(オオムラサキツユクサ)かも知れません。
紫露草2
ムラサキツユクサ(紫露草)は、花茎の先端に集散状の花をつけますが、花は朝咲いて、午後には萎む一日花です。花の感じは洋風庭園というより、寧ろ和風庭園の方が似合いますネ♪



紫露草3
高さ50cmほどで、小さい花の「紫露草」と、高さ1mほどで、大きめで色数豊富な花の「大紫露草(おおむらさきつゆくさ)」があり厳密には区別されるが、ふつうは両方とも「紫露草」の名で呼ばれることが多いようです。
紫露草4
花言葉は「快活」「尊厳」「尊び」「尊敬しています」「ひとときの幸せ」
ザクロ1
↑石榴(ザクロ)・・・石榴(ざくろ)科 ザクロ属。漢名の「石榴」の音読み「せきりゅう」がしだいに変化して「ざくろ」になったらしい。実(み)は食べられる。おもしろい形。不規則に裂けて、種(たね)が多いことから、アジアでは昔から子孫繁栄、豊穣のシンボルだったようです。
ザクロ2
実に残る”帽子状”のガクの部分は冠にも似ており王冠をいただく果物として権威の象徴にもなった。昔のソロモン王の宮殿の柱頭にはこのザクロがデザインされたという。
紅一点は、中国の王安石の詩『詠柘榴』の「万緑叢中紅一点(ばんりょくそうちゅうこういってん)」の句に由来する。 万緑は一面の緑、叢中は草むらの中、紅一点は紅色の一輪の花(ザクロ)の意味で一面の緑の中に咲く紅色の花が本来の意味だそうです。
夏椿1
夏椿(ナツツバキ)・・・つばき科なつつばき属。6月から7月ごろ、白色の5弁花を咲か せます。いちばん外側の花弁は、淡い緑色を帯びています。別名 で、「シャラノキ(沙羅の木)」とも呼ばれます。
夏椿2
6~7月に、白ツバキに似た大きな花が咲きます。葉は、ツバキのような光沢はなく、固くもありません。樹皮は、サルスベリやリョウブに似て、スベスベしています。
夏椿3
別名 「沙羅の木(しゃらのき)」「沙羅双樹(しゃらそうじゅ)」と言われています。「沙羅双樹」とは釈迦(しゃか)が亡くなった時に近くに生えていた樹木と言う事で有名ですが、この樹木は熱帯樹で日本の風土では育たないので夏椿とはまったく別の樹木だそうです。
なぜ夏椿がこの「沙羅双樹」と呼ばれるようになったかと言うと、『昔ある僧侶が仏教にゆかりのある沙羅双樹の木が、日本にもきっとあるはずだと山に入っていろいろ探したところ、夏椿の木を見て「これが沙羅双樹だ!」と思い込み、それを広めた』ということからだそうです。

D200+VR Micro 105mm   2009.06.12 撮影    於:花と緑の振興センター

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/06/26(金) 01:46:58|
  2. 植物(花)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

アスチルベ、スモークツリー、桔梗 | ホーム | アジサイ、紫陽花・・・第2夜

コメント

makiraさん、こんにちはー

いやー熱いですねー!
この暑さを癒してくれる綺麗な花ですねー
ためになる話も勉強になります。

紫露草で小学校の頃、白いハンカチに染物をしたことを思い出しました。

熱いです。
  1. 2009/06/26(金) 12:46:06 |
  2. URL |
  3. 重箱石 #SzGz/ufI |
  4. 編集

こちらも暑いです。連日、夏日でへばっています。
午前中に、庭に露草があったので抜いてしましました。
それを、恨むかのような綺麗な花の写真。うぅ・・・
でもこちらでは雑草扱い。私が抜かなくても遅かれ早かれ、姑が同じ事をします。
夏椿は、あの絹をまとっているような蕾が好きです。
  1. 2009/06/26(金) 14:50:43 |
  2. URL |
  3. カラー #4vsPLkTA |
  4. 編集

重箱石さんへ!

こんばんは、重箱石さん!
暑い日が続きますね!今日も暑かったです♪
そう言えば小学校でハンカチを染めました。
あと顕微鏡で繊維か何かを見た記憶がありますが・・・
お褒めいただきありがとうございます。
とにかく暑いです♪
  1. 2009/06/28(日) 00:22:35 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

カラーさんへ!

こんばんは、カラーさん!
あらら・・・抜いちゃったんですか?
雑草と言えば雑草ですね!
カラーさんかお姑さんに抜かれる運命に
あったのかもしれませんネ!
夏椿も椿の種類で、花ごと落ちてしまいます。
何だか首が落ちるようで可愛そうな気がします。
そちらも暑いですか?夏はこれからが本番です。
ご自愛下さい♪
  1. 2009/06/28(日) 00:28:23 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/10/07(水) 11:14:15 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makira9482.blog70.fc2.com/tb.php/761-5b05ac66

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。