にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます!ポチをお願いm(__)m♪

無料カウンター にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・ Lensを通して・・・ ミゾソバとヒラタアブ&背高泡立草とツマグロ
FC2ブログ

Lensを通して・・・

(^_^)v             Lensを通して観た自然をテーマにしています。植物や動物、風景などを簡単な言葉とともに送ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ミゾソバとヒラタアブ&背高泡立草とツマグロ

今日も朝から快晴でしたネ!風もなく最高の撮影日和でした。花を求めて2か所ほど彷徨いましたが、秋が深まりつつあり、大きな成果はありませんでした 泣) 行った場所は新宿御苑の10月桜と小石川植物園です。後日のアップです 笑)

今日は昨日アップしたミゾソバに集うヒラタアブ(キタヒメヒラタアブ、ホソヒラタアブ)と背高泡立草に来ていたツマグロヒョウモンのアップです。

ミゾソバとキタヒメヒラタアブ1
キタヒメヒラタアブ・・・ヒラタアブの中では小さく、マメヒラタアブとも呼ばれるそうです。体長8~9mm。
ミゾソバとキタヒメヒラタアブ2
黒く太い横線模様が特徴です。ズングリムックリなものは♀のようです。細くてスマートなお腹をしているものは♂とのこと。2枚とも♀のような気がします。
ミゾソバとホソヒラタアブ1
ホソヒラタアブ・・・飛ぶのがうまく、空中で止まりながら、器用に飛び花によく来る最も身近なハナアブです。
ミゾソバとホソヒラタアブ2
キタヒメヒラタアブとの違いが分かりますか?そうです♪お腹の模様が違いますね! ホソヒラタアビの模様は太い線と細い線が対になっています。



ナミホシヒラタアブ1
ナミホシヒラタアブ・・・複眼に毛は生えておらず、顔はよく見えませんが、後腿節の半分以上が黒っぽいので、ナミホシヒラタアブと判断しました。もっと大きければシマハナアブと思われますが、ネットでもいろんな種類と混同されているようです。それだけ区別が難しいのでしょうね!
セイタカアワダチソウ1
背高泡立草(セイタカアワダチソウ)・・・キク科 アキノキリンソウ属。北アメリカ原産の帰化植物で、もともとは観賞用に導入されたとの説もありますが、急速に広がったのは大二次世界大戦後のこと。蜜源植物として優秀であるので養蜂業者が積極的に種子を散布したとの話もあります。
セイタカアワダチソウ2
和名の由来は、同じ属のアキノキリンソウの別名であるアワダチソウよりも草丈が高いことによるようです。花粉アレルギーの元凶であるなどの濡れ衣を着せられたこともあって、嫌われる植物のひとつになってしまった。蜜源植物であることでもわかるように、セイタカアワダチソウは花粉をミツバチなどの昆虫によって媒介させる植物であり、花粉を風に乗せてばらまく植物(風媒花)ではないとのことですよ♪
セイタカアワダチソウとツマグロヒョウモン1
セイタカアワダチソウは地下茎に他の植物の生育を阻害する物質があり、他の植物を駆逐しながらはびこっていく。
セイタカアワダチソウとツマグロヒョウモン2
しかし、二次大戦後急激に増え、一時は日本全土を席巻する勢いで繁殖したが、逆に、増えすぎて、自分の体内の物質で自家中毒を起こし、一時の勢いは無い。その間隙をぬって勢力を拡大している植物があります。粗悪な土地でも繁殖能力があり、最近特にどこでも見られるようになった、「ススキ」です♪かつてのセイタカアワダチソウの場所にススキが生えていませんか?

D200+VRMicro105mm+TELEPLUSx1.5    2009.10.13 撮影   於:守谷付近

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/10/16(金) 23:09:35|
  2. 植物(花)と虫たち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

鰭田牛蒡(ヒレタゴボウ)、秋の野罌栗(アキノノゲシ)、犬蓼(イヌタデ)、薄(ススキ) | ホーム | 溝蕎麦(ミゾソバ)

コメント

背高泡立ち草が目立つ季節ですね。
確かに一時期よりこちらでも少なくなっているような気がします。
これも秋の花粉症になるとか・・・私はスギ花粉なのでこれにもなったら大変と近づかないようにしています(苦笑)
  1. 2009/10/17(土) 07:20:30 |
  2. URL |
  3. りんだ #afXvPe0k |
  4. 編集

makiraさん、こんにちは。

背高泡立ち草VSススキですかー
うーん、ぽやーっと生活してるから判らんです(汗)

虫もアブっていうけど、ハチみたいだしー判断つきませぬー(大汗)

ぽちですー
  1. 2009/10/17(土) 14:52:14 |
  2. URL |
  3. 重箱石 #SzGz/ufI |
  4. 編集

キタヒメヒラタアブとホソヒラタアブの違い分かりました。
写真を何回も前後して見ました。
細い線がポイントですね。
分かったと思ったら、ナミホシヒラタアブの登場!
うぅ~ん、こんがらがりました・・・
ハナアブに詳しいのですね(驚)。
  1. 2009/10/17(土) 16:23:47 |
  2. URL |
  3. カラー #4vsPLkTA |
  4. 編集

りんださんへ!

こんばんは、りんださん!
りんださんは花粉症なんですか。
大変ですね。お気持ち察します。
でも、背高泡立草が花粉症の原因のように
思われているのは、濡れ衣のようですよ!
上にも書きましたが、セイタカアワダチソウは
花粉をミツバチなどの昆虫によって媒介させる植物であり、
花粉を風に乗せてばらまく植物(風媒花)ではないとのことですよ♪
心配しないで近づいてみて下さいネ!
  1. 2009/10/17(土) 23:36:31 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

重箱石さんへ!

こんばんは、重箱石さん!
両方ともはっきり分かりませんよネ!
大汗かかなくても大丈夫ですよ!
  1. 2009/10/17(土) 23:38:20 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

カラーさんへ!

こんばんは、カラーさん!
違いを分かってもらえて嬉しいです。
花も蝶も鳥も、みんな似たり寄ったりで
なかなか区別は難しいですね♪
  1. 2009/10/17(土) 23:40:38 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makira9482.blog70.fc2.com/tb.php/845-7ce89b19

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。