にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます!ポチをお願いm(__)m♪

無料カウンター にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・ Lensを通して・・・ 亀戸天神

Lensを通して・・・

(^_^)v             Lensを通して観た自然をテーマにしています。植物や動物、風景などを簡単な言葉とともに送ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

亀戸天神

先日、友人の病気見舞いに行った時に、近くにある「亀戸天神社」に寄ってきました。

古くはご本社にあたる「九州太宰府天満宮」に対して東の宰府として「東宰府天満宮」、あるいは「亀戸宰府天満宮」と称されていましたが、明治6年に東京府社となってより亀戸神社と号し、昭和11年に現在の亀戸天神社と正称したとのこと。
大鳥居1
↑大鳥居  菅原道真公をお祀りする当社は下町の天神さまとして広く知れわたり、多くの方々に親しまれ、私は行きませんでしたが、かみさんが娘を連れて合格祈願に行ったところです。学問の神様として有名です♪
男橋1
↑太鼓橋(男橋)  正保三年(1646)九州太宰府天満宮の神官でありました菅原大鳥居信祐公(道真公の末裔・亀戸天神社初代別当)は神のお告げにより、公ゆかりの飛び梅の枝で天神像を刻み、天神信仰を広めるため社殿建立の志をもって、遠くは日光または盛岡などの諸国を巡り歩かれ 、そして江戸の本所亀戸村にたどり着かれ、村に元々ありました天神 の小さなほこらにご神像をお祀りいたしました。
男橋から女橋、本殿を望む1
↑男橋から女橋本殿をお望む  大鳥居をくぐると心字池があり3つの橋が架けられています。九州大宰府天満宮の境内にならって造られています。
藤棚、心字池、男橋
↑藤棚、心字池、男橋  ここは藤の名所で心字池の周りにはたくさんの藤棚が造られています。来年の藤の花はここ亀戸天神に決めました。
平橋から女橋1
↑平橋から女橋、本殿を望む   心字池、男橋~平橋~女橋・・・池と橋を人生の一生に見立てた「三世一念の理」といって、最初の太鼓橋(男橋)は生きてきた過去を、次の平橋は今が見える現在を、次の太鼓橋(女橋)は希望の未来をあらわし、3つの橋を渡るごとに心が清められ、神前へと進みます。
女橋1
↑太鼓橋(女橋)です。



女橋2
↑太鼓橋(女橋)
本殿1
↑本殿  時徳川幕府は、本所の町を、江戸の大半を焼き尽くした明暦大火の被害による復興開発事業の土地とさだめ、天神様を篤く信仰していた四代将軍家綱公はその鎮守の神様としてお祀りするように現在の社地を寄進したとのこと。
本殿2
↑本殿  そして、寛文二年(1662)10月25日に太宰府の社にならい、社殿、回廊、心字池、太鼓橋などを営み、以来約350年後の今日まで東国天満宮の宗社として崇敬されています。
石灯籠1
↑ 太助灯籠 塩原太助は江戸時代の中期から後期にかけて、今の両国本所相生町で薪炭商を営み、一代で富を築きその豊富な私財を道路の改修や土木工事など、庶民のために投じたことから義人と呼ばれた。今でも両国に「塩原橋」があるとのこと。その太助が寄進した石灯籠2基の内のひとつ。
御神牛1
↑御神牛 説明と思いましたが下の高札を読んでください!
御神牛高札
参拝の方が親しく触れることで、病を治し知恵を授かるとのことで、ピカピカです♪
5歳の管公像1
最後になりました♪五歳管公像です!台座には5歳の時に庭前の紅梅を詠んだ和歌が・・・
「 美しや 紅の色なる 梅の花   あこが顔にも つけたくぞある 」

また、長くなってしまいました。最後まで亀戸天神をお楽しみいただけたでしょうか?帰りに名物(?)亀戸天神まんじゅうをお土産に帰りました♪

D200+VR 18-200mm    2009.10.20 撮影   於:亀戸天神

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←参加してます。よかったらこちらにポチを・・・励みになります!

  1. 2009/11/03(火) 15:07:14|
  2. 風景(旅)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

風車と秋桜 | ホーム | 秋まっただ中に春が・・・(マユミ、ハゼ・・・子福桜)

コメント

makiraさん、こんばんは。

学問の神様ですねー

今更行ってもナー、でも良いにこしたことはないなー。

makiraさんも、だいぶ頭の回転がよくなったんじゃないですか?

ぽちです。
  1. 2009/11/03(火) 18:12:15 |
  2. URL |
  3. 重箱石 #SzGz/ufI |
  4. 編集

本当に大宰府天満宮と似てるところがたくさん。
牛もあちらにもありましたよ。
亀戸天神まんじゅうですか~~あちらは焼きたてほかほかの梅ヶ枝餅が有名でした~~♪
  1. 2009/11/04(水) 06:16:20 |
  2. URL |
  3. りんだ #afXvPe0k |
  4. 編集

亀戸天神には行ったことがありませんが
藤の咲く頃に訪れたら良さそうですね。
おまんじゅうもお土産にいいですね♪
  1. 2009/11/04(水) 09:40:30 |
  2. URL |
  3. かえ #Z4rNSgTo |
  4. 編集

私もこの神社には行った事がありませんが
毎年、何かのお花の時期にテレビで放映されます。
もしかしたら、藤のお花かしら・・・
私は昨日、品川の叔母の家に行って来ました。
東京は毎日がお祭りのよう(笑)人・人・人で賑わっていました。
  1. 2009/11/04(水) 17:34:40 |
  2. URL |
  3. カラー #4vsPLkTA |
  4. 編集

重箱石さんへ!

こんばんは、重箱石さん!
私も行って合格祈願をしていれば
人生、変わったものになったかもしれませんネ!
今更行っても遅いですね♪
  1. 2009/11/05(木) 01:35:40 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

りんださんへ!

こんばんは、りんださん!
そうなんですか!
やっぱり似てるんですか!
やっぱり真似して造ったのですね♪
  1. 2009/11/05(木) 01:37:20 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

かえさんへ!

こんばんは、かえさん!
亀戸天神は藤で有名なところです♪
私も藤の頃には行ったことがありませんが
来年は是非、行ってみたいと思います。
かえさんも是非どうぞ~!
  1. 2009/11/05(木) 01:39:34 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

カラーさんへ!

こんばんは、カラーさん!
正解です♪
ここ亀戸天神は藤が有名なんです。
来年は是非ここに撮りに来ようと思いました♪
品川までいらしたのですか?
都会なんてカラーさんのところと比べたら
人間の住む所じゃありませんね!
人の数だけ蝶々や鳥さんがいればいいのですが・・・
  1. 2009/11/05(木) 01:43:33 |
  2. URL |
  3. makira #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://makira9482.blog70.fc2.com/tb.php/858-ae6f207c

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。